外貨預金一覧

米ドル・ユーロ・オーストラリアドルの3つの通貨で運用する預金です。プランにあわせて、お選びいただけます。

外貨預金に関する注意事項

元本割れリスクについて

外貨預金は、外国為替相場の動向により、お受け取りの外貨の円換算額が当初作成時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
また為替相場に変動が無い場合でも、往復の為替手数料(1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1オーストラリアドルあたり4円)がかかるため、お受け取りの外貨の円換算額が当初作成時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。

費用・手数料の負担について

  • 円貨からのお預け入れ、外貨からの円貨へのお引き出しの際には、為替手数料(片道で1米ドルあたり1円、1ユーロあたり1円50銭、1オーストラリアドルあたり2円、往復ではその2倍の額)がかかります。
    手数料は、お預け入れ時に円貨から外貨に替える当行所定のレート(TTSレート)と、お引き出し時に外貨から円貨に替える当行所定のレート(TTBレート)に含まれております。
  • その他、外貨現金でのお預け入れ、お引き出しの場合(米ドルのみの取り扱いとなり、ユーロとオーストラリアドルはご利用いただけません)などにも所定の手数料がかかりますので、ご確認願います。

預金保険について

  • 外貨預金は預金保険の対象外です。
  • そのため、預金保険事故の発生など当行の信用状況によっては、お客さまが損失を被るリスクがあります。

クーリングオフ

  • 外貨預金のお取引は、クーリングオフの適用がありません。

適用相場(TTS・TTB)について

外貨預金のお取引に適用される為替レートは、当行所定のTTSレート、TTBレートとなります。
外貨に預け入れるときと、円貨に戻すときの為替相場には差があります。

適用相場(TTS・TTB) イメージ

  • 米ドルの場合:片道1円・往復2円、ユーロの場合:片道1円50銭・往復3円、オーストラリアドルの場合:片道2円・往復4円の差があります。
  • 上記適用相場はあくまで仮のもので実際の適用相場ではありません。
  • 当行所定の適用相場は、テレビや新聞で報道されている銀行間市場で取引される為替レートとは異なります。
  • 為替相場が大きく変動した場合、諸事情により外国為替市場が閉鎖された場合など、お取り扱いできない場合があります。

(2008年3月3日現在)

商号等:株式会社東邦銀行
投資商品に関するお問い合わせ先:0120-104-150 受付時間 平日9:00~17:00