全国的に不正送金被害が急増しています

2023年08月31日
個人 法人

全国的にフィッシングによる不正送金が増加しています。

2023年上半期(1月~6月)の不正送金件数が2,322件と過去最多を更新しており、被害額も約30億円となっています。

出典:2023年8月8日(火)警察庁/金融庁「フィッシングによるものとみられるインターネットバンキングに係る不正送金被害の急増について(注意喚起)」

https://www.npa.go.jp/news/release/2023/20230807001.html

<不正送金被害に遭わないために>

1.暗証番号等を入力させる電子メール等にご注意ください。

  • 当行から電子メールやSMS等で暗証番号やワンタイムパスワード等の入力を求めることはありません。
  • 当行を装った電子メール等を受信した場合や電子メール等のリンクからアクセスしたサイトに暗証番号等を入力した場合は、最寄りの営業店、ハローサービスセンター、EBヘルプデスク等へご連絡ください。
  • また、実在する金融機関を装ったフィッシングメール、SMS、SNSのダイレクトメッセージも確認されておりますので、ご注意ください。

【金融機関を装ったフィッシングメールの件名(一例)】

【○○銀行】【要返信】お客様の直近の取引における重要な確認について

【○○銀行】【重要】必ずご回答ください/お客さま情報等の確認について

【○○銀行】取引サービスが利用停止のお知らせ

【○○銀行】○○銀行からのお知らせ

「○○銀行」には実在の金融機関名が記載されています。

2.ホームページまたはポータルアプリを利用する。

インターネットバンキングをご利用される場合は、当行ホームページまたはスマートフォン専用ポータルアプリからご利用ください。

各公的機関からも不正送金にかかる注意喚起をしておりますので、そちらもご覧ください。

警察庁

金融庁

全国銀行協会

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)

お問い合わせ先

東邦銀行 ハローサービスセンター

フリーダイヤル 0120-14-8656

平日 9:00~17:00 
土日 9:00~16:00
(祝日・年末年始を除きます)

お問い合わせ先

東邦銀行 EBヘルプデスク

フリーダイヤル 0120-32-1040

平日 9:00〜18:00 
(土日・祝日・年末年始を除きます)