ニュースリリース

2020/07/10

独立行政法人住宅金融支援機構の発行するグリーンボンドへの投資について

 株式会社東邦銀行(頭取 佐藤 稔)は、このたび独立行政法人住宅金融支援機構(以下「住宅金融支援機構」)が発行するグリーンボンド※1「住宅金融機構グリーンボンド」への投資を決定しましたので、お知らせいたします。

 住宅金融支援機構では、省エネルギー性や耐震性など質の高い住宅を取得する場合に、借入金利を一定期間引き下げる【フラット35】Sを実施しています。住宅金融機構グリーンボンドは、【フラット35】Sのうち「省エネルギー性に関する技術基準」を満たす新築住宅を対象としており、これらの住宅ローン債権の買取代金を資金使途としております。

 当行では、「とうほうSDGs宣言」に基づいて、環境問題、人権問題などの社会的課題への支援を行っており、下記の債券への投資により、ESG投資を通じた社会貢献活動を積極的に推進するものです。

※1 グリーンボンドとは、再生可能エネルギーの活用や省エネルギー性の向上といった環境改善効果のある事業の資金を調達するために発行される債券。

【投資したグリーンボンドの概要】

発行体 独立行政法人住宅金融支援機構
発行額 200億円
発行日 2020年7月10日
償還日 2030年7月19日
資金使途 省エネルギー性に関する技術基準を満たす住宅ローン債権の買取代金

以上

ニュースリリース

アクセスランキング