ニュースリリース

2018/07/11

「丸光産業株式会社」様 発行の福島がんばれ寄付型私募債の受託及び寄贈式について(地域貢献 寄付型私募債)

 東邦銀行(頭取:北村 清士)は、2018年6月25日(月)に丸光産業株式会社様が発行した「福島がんばれ寄付型私募債」(注)の受託に伴い、以下の内容で寄贈式を開催することとなりましたのでお知らせいたします。

 当行では、地域の発展と成長につながるサービスの提供に努め、今後も引き続き私募債の受託を積極的に推進し、地元企業の発展に貢献してまいります。

(注) 「福島がんばれ寄付型私募債」は、一定の財務基準を満たし、かつ私募債の発行を通じて地域の活性化を支援する主旨にご賛同いただいた法人のお客さまを対象とした私募債です。当行がお客さまからいただく手数料の一部で地域の学校や施設等への寄贈を行います。
 なお、取扱開始以降、6月末日現在で累計149件/179億5千万円を受託しております。

【発行企業及び私募債概要】

発行企業名 丸光産業株式会社
代表者 代表取締役 髙田 光一
所在地 東京都台東区東上野三丁目15番6号
事業内容 サポーター等製造業、介護サービス業
発行額 5千万円
企業の特徴

・1953年創業以来、自社生産体制による高品質サポーターの開発・製造・販売を郡山市の自社工場にて一貫して行っております。

・サポーターメーカーNO.1を目指して、自社ブランド「noble」や「naoss」を展開しており、機能性において高い評価を得ております。

・福島県や栃木県内にて介護サービスを提供しており、特に訪問介護や訪問入浴が好評です。

【寄贈式の概要】

日時 2018年7月12日(木)11時00分~
場所 学校法人国際総合学園 国際医療介護福祉大学校
(郡山市方八町2-4-19)
出席者

<寄贈先>

学校法人国際総合学園 国際医療介護福祉大学校 学校長 佐藤 本美 様

<寄贈指定者>

丸光産業株式会社 代表取締役 髙田 光一 様

<寄贈者>

株式会社東邦銀行 郡山駅前支店長 村岡 俊一

寄贈品

・デジタル長座体前屈計      1台

・DVD「いまを生きるを大切に」 全3巻

以上

ニュースリリース

アクセスランキング