ニュースリリース

2018/05/09

「ふるさと支援・福利厚生型私募債」の取扱開始について

 株式会社東邦銀行(頭取 北村 清士)は、2018年5月10日より「ふるさと支援・福利厚生型私募債」の取扱を開始しますのでお知らせいたします。

 本商品は、お客さまの福利厚生の充実を支援するとともに、福島県内外の宿泊施設の利用と、宿泊アンケートの還元による宿泊・観光業の付加価値向上を含めた地域活性化を図ることを目的としております。

 当行では、今後も地域の発展と成長につながるサービスの提供に努め、地域の活性化に積極的に取組んでまいります。

「ふるさと支援・福利厚生型私募債」の商品概要

名称 「ふるさと支援・福利厚生型私募債」
対象 当行の私募債適債基準を満たし、発行後1年以内に社員旅行等を実施していただける福島県内外の法人
内容

①発行後1年以内に宿泊施設(注)を利用した社員旅行を実施いただきます。

②社員旅行を行ったお客さまは旅行後に補助金交付申請書、領収書(写)、アンケート回答用紙を当行までご提出いただきます。

③当行は補助金交付申請書に基づき、宿泊利用代金等の一部(発行額の0.25%が上限)を発行企業に補助金として贈呈いたします。

④アンケート結果は宿泊施設に還元させていただきます。

(注)宿泊施設は当行株主優待制度の宿泊施設優待券利用対象先(ビジネスホテルを除く)が基本となります。

イメージ図

イメージ図

以上

ニュースリリース

アクセスランキング