ニュースリリース

2018/05/02

日本赤十字社福島県支部との「遺贈・遺言信託」に関する提携について~北海道・東北の地方銀行で初めて~

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、日本赤十字社福島県支部と「遺贈・遺言信託」に関して提携し、協定締結式を開催いたしましたので、お知らせいたします。

 日本赤十字社福島県支部は、福島県内のさまざまな赤十字活動(社会貢献活動)に役立てるため、遺産による寄付(遺贈:遺言による指定が必要)を案内されています。

 当行は、2017年6月に東北の地方銀行で初めて「遺言信託」の取扱を開始いたしました。

 本取組は、「遺言信託」のスキームを活用し、日本赤十字社福島県支部との「遺贈」に関する提携により、地域金融機関としてお客さまのニーズにお応えするものです。

 なお、日本赤十字社支部との「遺贈・遺言信託」に関する提携・取組は、北海道・東北の地方銀行で初めてとなります。

 当行は、本提携を通じて、福島県内への社会貢献活動の取組および相続に関するサービス・サポートを強化し、円滑な資産承継のニーズに積極的にお応えしてまいります。

  1. 提携先

    日本赤十字社福島県支部

  2. 提携内容

    (1)本提携は、日本赤十字社福島県支部へ遺贈の相談があった場合、ご相談者さまを当行に紹介いただきます。
    当行は、ご相談者さまのご意向を確認し、日本赤十字社福島県支部への遺贈も含めた公正証書遺言を「とうほう遺言信託」により作成いたします。
    相続発生後は、公正証書遺言に基づき日本赤十字社福島県支部へ財産が寄付されるよう遺産分割の手続きを行います。

    (2)当行は、「とうほう遺言信託」のご相談者さまのなかで遺贈のご意向がある場合、遺贈先として日本赤十字社福島県支部を案内いたします。

  3. 提携日

    2018年5月2日

<※ご参考>

  1. 「遺贈(いぞう)」

    自身の相続発生後に財産の中から寄付をするためには、遺言書に記載することが必要です。

    遺贈により寄付した相続財産は、相続税の対象外となり非課税扱い。

  2. 「遺言信託」
    取扱商品 商品内容
    とうほう遺言信託

     お客さまのお考えに基づく公正証書遺言の文案作成、遺言書の保管、相続開始後に遺言書の内容の通りに遺産分割の手続きを行います。

    ・遺言書作成のご相談、遺言書保管、遺言書に基づく遺産分割手続き。

  3. 本提携のスキーム図(日本赤十字社福島県支部から当行へ紹介の場合)

    本提携のスキーム図

  4. 「とうほう遺言信託」に関するご相談

    最寄りの支店、または下記の専用フリーダイヤルでご相談を承っております。

    ※「とうほう遺言信託・遺産整理業務」専用フリーダイヤル
      0120-104471
    (フリーダイヤル受付 平日9時~17時)

    以上

ニュースリリース

アクセスランキング