ニュースリリース

2018/04/17

実業団陸上オブザイヤー表彰「ファイナリストチーム賞」受賞

 4月17日(火)、東京の経団連会館において日本実業団陸上競技連合主催による「2017年度実業団陸上オブザイヤー表彰式」が開催され、東邦銀行陸上競技部は「ファイナリストチーム賞」を受賞いたしました。

 同賞に選ばれたのは当行陸上競技部を含め3チームのみで、福島県のチームが受賞するのは初めてとなります。昨年9月に行われた第65回全日本実業団対抗陸上競技選手権における総合優勝が評価されての受賞となりました。

 第65回全日本実業団対抗陸上競技選手権における男女総合優勝は、女子4×100メートルリレー7連覇達成や女子400メートルでの優勝を始め、出場した女子部員6名全員が入賞以上の成績を収め、チーム一丸となって活躍できたことによるものです。

 表彰式でチームキャプテンの青木沙弥佳選手は、「みなさまの応援に感謝を申し上げます。私たちは東日本大震災のあった翌月(2011年4月)の創部以来、福島の復興の歩みとともに成長をしてきました。今後は東京オリンピック・パラリンピックへの出場を決め、みなさんに笑顔を届けたいです。」と感謝の気持ちと抱負を述べました。

 今シーズンもスタートしました。陸上競技部員一同、引き続き活躍できるよう頑張ってまいりますのでみなさまの温かなご声援をよろしくお願いいたします。

実業団陸上オブザイヤー表彰

ニュースリリース

アクセスランキング