ニュースリリース

2018/02/27

第8回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞「実行委員会特別賞」の受賞について

 株式会社東邦銀行(頭取 北村 清士)は、「人を大事にする経営」を基本とし、従業員が働きやすい職場環境づくりならびに地域経済・社会発展への貢献のため、様々な施策を実施してまいりました。今般その取組みが認められ、「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞において「実行委員会特別賞」を受賞いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

  1. 「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞について

    (1)「人を大切にする経営学会」(会長 坂本 光司 法政大学大学院教授)が平成22年度より実施している表彰で、経済産業省および厚生労働省が後援しています。

    (2)企業が本当に大切にすべき「人」たちを①従業員とその家族②お客さま③地域社会④株主とし、人を大切にする経営への取組みにおいて、特に優良な企業を表彰し他の模範とすることを目的として実施されています。

    (3)当行は、働き方改革や仕事と家庭との両立支援に向けた取組みおよび東日本大震災の際のお客さまへの対応が評価され今回の受賞となりました。

  2. 受賞にあたり評価された主な取組み

    (1)金融機関という難しい業界にあって「働き方改革」に積極的に取り組んでおり、行員1人当たりの月平均所定外勤務時間が大幅に減少。

    (2)取得期間を3年とし分割回数の上限なく利用可能としている介護休業やお子さんが3歳に達する日まで取得可能な育児休業、復職支援セミナーの開催や事業所内保育施設の開設等、介護や育児支援制度の充実。

    (3)東日本大震災の折、証明書のないお客さまに預金を払い続けた経営姿勢。

  3. 表彰式について

    日時:平成30年3月16日(金)13:00より開始

    場所:法政大学市ヶ谷キャンパス(東京都千代田区富士見2-17-1)

    (「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞AWARD席上)

以上

ニュースリリース

アクセスランキング