ニュースリリース

2018/02/22

当行と福島市との包括連携協定に基づく「これからの福島を考える公民連携シンポジウム~公共施設の最適化~」の開催について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、県内におけるPPP/PFI事業(注1)の促進に向けた取り組みを強化していくため、平成26年4月に「ふくしまPPP/PFI研究会」(注2)を創設し、定期的に関連情報等を発信しております。

 また、全国の自治体では今後の公共施設の運営について計画を決定し、福島市も昨年「福島市公共施設等総合管理計画」を策定し、今後の運営にPPPを活用する方針です。

 つきましては、当行と福島市との包括連携協定に基づき、PPPを活用した公共施設の運営を考える標記シンポジウムを開催しますので、ご参加いただきますようお知らせします。

 本シンポジウムでは、第1部で公共施設の課題と今後のあり方について講演をいただき、第2部で各分野の方々から、これからの公共施設の望ましい姿等のご意見をいただきます。

 当行は、引き続きPPP/PFI事業の推進に向けた取り組みを通じて、地域課題の解決に向けたご支援と、地域経済の活性化を図って参ります。

(注1)PPPとは、「Public Private Partnership」の略で、公共施設等の建設、運営等を民間の経営能力等を活用して事業を実施すること。PFIとは、「Private Finance Initiative」の略で、上記事業に民間資金を活用すること。

(注2)自治体や地域の建設・設計会社を対象に、PPP/PFI事業の基礎・応用知識、事業ノウハウの習得等を目的に創設。

開催概要

日時 平成30年2月28日(水)13:30~16:10
(受付開始13:00~)
場所 福島市こどもの夢を育む施設 「こむこむ」 わいわいホール
住所:福島市早稲町1-1
講師 一般財団法人日本経済研究所 エグゼクティブ・フェロー
株式会社日本政策投資銀行 地域企画部 顧問
東洋大学大学院 公民連携専攻 客員教授 金谷 隆正 氏
テーマ

第1部【基調講演】(金谷講師 13:40~14:40)
・「福島発公民協働の街づくり」をめざして
 —公共施設マネジメントで拓く これからの福島—

第2部【パネルディスカッション】(金谷講師コーディネーター 14:50~16:00)
・「これからの福島を考える ~公共施設の最適化~」
(産)積水ハウス株式会社 東北営業本部 福島県担当CRE・PRE事業課 部長 落合 茂 氏
(学)福島大学共生システム理工学類 准教授 川崎 興太 氏
(市民)NPO PLUS 代表 齋藤 美佐 氏
(金)株式会社東邦銀行法人営業部 調査役 駒木根 奈央 氏
(官)福島市長 木幡 浩 氏

定員 先着100名様(無料)

以上

ニュースリリース

アクセスランキング