ニュースリリース

2018/02/20

経済産業省「健康経営優良法人2018(大規模法人部門)」の認定について

 株式会社東邦銀行(頭取 北村 清士)では、「人を大事にする経営」の考え方のもと「とうほう・みんなの健康宣言」を制定し、従業員とその家族の心身の健康保持・増進に取り組んでまいりました。今般その取組みが認められ、経済産業省より「健康経営優良法人2018(大規模法人部門)」としての認定を受けましたので、下記の通りお知らせいたします。

  1. 「健康経営優良法人2018(大規模法人部門)」について

    (1)経済産業省では、2016年から日本健康会議と共同で、大規模法人のうち特に優良な健康経営を実践している法人について、2020年までに500社を「健康経営優良法人ホワイト500(大規模法人部門)」として認定・公表する制度を開始しました。

    (2)この制度は、優良な健康経営に取り組む法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。

    (3)当行は、健康経営に対する取組みが評価され、健康経営優良法人2018(大規模法人部門)として認定・公表されることになりました。

  2. 当行の主な取組み

    (1)「健康宣言」の制定

    「とうほう・みんなの健康宣言」

     東邦銀行は、“人を大事にする経営”を実践し、ワーク・ライフ・バランスの先進的かつ継続的推進により、従業員およびその家族の心身の健康増進に積極的に取り組みます。

    (2)健康づくり推進体制の整備

     東邦銀行人事部、東邦銀行健康保険組合、東邦銀行従業員組合の3つの組織による「健康経営プロジェクト」を立ち上げ、労使一体となって従業員の健康保持・増進に取り組んでいます。

    (3)働き方改革

     「朝型勤務」「フレックスタイム制」「勤務間インターバル制度」の導入や「制度休暇の充実」等により、柔軟かつ多様な働き方を可能とし、更なる健康増進やワーク・ライフ・バランスの促進を図っています。

    (4)運動習慣の定着に向けた取組み

    A.スニーカー等歩きやすい靴を選んで通勤するワークスタイル「TOHO WALK BIZ」を実施しています。

    B.からだ作り、食事の改善、心のケア等をテーマとした「健康づくりセミナー」を開催しています。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング