ニュースリリース

2017/10/27

再生可能エネルギー向けプロジェクトファイナンスの組成実績について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、「福島県再生可能エネルギー推進ビジョン」(※)を掲げる福島県の地元金融機関として、再生可能エネルギーを重点取組分野と位置付け、お客さまの事業化支援・資金調達支援に取り組んでおります。

 大型の事業においては、プロジェクトファイナンスによる融資を希望するお客さまが多いことから、当行においても特に力を入れて取り組んでまいりました結果、2017年9月末日時点で総額約525億円のプロジェクトファイナンスを当行単独アレンジにより組成いたしました。

 福島県内における再生可能エネルギー事業向けプロジェクトファイナンスが多く、その大半を福島県内の金融機関のみでシンジケート団を組成しております。

 今後も引き続き、太陽光・風力・バイオマス・小水力事業を中心とする再生可能エネルギー向けの資金需要に対して、積極的に取り組んでまいります。

(※)福島県が策定した「福島県再生可能エネルギー推進ビジョン」において、2040年頃までに「県内エネルギー需要の100%相当量を再生可能エネルギーで生み出すこと」が導入目標とされています。

<再生可能エネルギー事業向けシンジケートローン・プロジェクトファイナンス組成実績推移>

(単位:億円)

  2014年度 2015年度 2016年度 2017年9月 累計
シンジケートローン組成件数 4 4 8 2 18
  うちプロジェクトファイナンス 1 2 5 2 10
シンジケートローン組成金額 90 188 437 166 883
  うちプロジェクトファイナンス 39 55 265 166 525

以上

ニュースリリース

アクセスランキング