ニュースリリース

2017/09/25

人事制度の改訂について

 株式会社東邦銀行(頭取 北村 清士)は、平成29年10月に人事制度の改訂を実施しますのでお知らせいたします。本改訂は、平成15年以来14年ぶりの全面的な改訂となります。

 今回の新しい制度では、“従業員全員による「総活躍」の実現”を目指し、「長きにわたり安心して活躍できる環境の整備」「多様な働き方と働きがいの向上」「人材育成への取組み強化」を柱として、当行の基本的な考え方「人を大事にする経営」をさらに進めていくものです。

 当行では今後も、様々な人材が当行を舞台に成長・挑戦していけるよう、多様性のある人材育成に努め、企業価値の一層の向上により、お客さまに選ばれつづける銀行を目指してまいります。

  1. 改訂のポイント(詳細はこちら

    (1)‘総活躍’の実現

    A.これまでの総合職・専門職・一般職の全員を総合職としたうえで、地域限定の「エリア総合職」を設定。

    B.女性が大半を占める一般職を‘総合職’とすることで、さらに幅広い分野での活躍を期待。

    C.資格や年齢に拘らない、多様で柔軟な人材登用が可能な仕組みとすることで意欲と働きがいを向上。

    (2)賃金カーブの見直し

    A.生涯賃金を維持しながら、賃金カーブ全体を見直し。

    B.若手層がよりステップアップを実感できるよう賃金水準を引上げ。

    C.55歳以降の賃金水準を全体的に底上げ、貢献度に応じた体系とすることで長きにわたる貢献意欲醸成と安心して働ける環境を整備。

    (3)考課制度と人材育成のPDCA強化

    A.考課制度の運用を通じた効果的な人材育成の実現。

    B.システム化による大幅な負担軽減を図りつつ、部下をよく見て育成に繋げるPDCAサイクルの強化。

    (4)子供手当の新設

    これまでも積極的に進めてきた子育て支援を一層加速させるため、子供手当を新設。

    (5)短時間正社員の導入

    A.これまでの「地域限定」「職務限定」に加え、「時間限定」の正社員を導入。

    B.ライフスタイルに合わせ週休3日制による勤務も可能とし、多様な働き方を提供。

  2. 改訂実施日

    (1)制度全般(除く.考課制度) 平成29年10月1日

    (2)考課制度          平成30年4月1日

以上

ニュースリリース

アクセスランキング