ニュースリリース

2017/06/30

「太陽光発電事業」向けプロジェクトファイナンス組成について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、このたび、「合同会社西の郷ソーラーパーク」の太陽光発電所建設・運営資金について、アレンジャーとして総額約126億円のプロジェクトファイナンスを組成し、本日第1回目の融資を実行いたしましたのでお知らせいたします。

 本プロジェクトは、ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社、一般財団法人ふくしま未来研究会及び信夫山福島電力株式会社が共同出資により建設・運営する事業で、年間総発電量は一般家庭約13,200世帯分の1年間の電力消費を賄うことができ、年間約26,300トンのCO2排出削減効果が見込まれます(ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社調べ)。

 当行では、これまでに9件/総額約480億円の再生可能エネルギー事業向けプロジェクトファイナンスを組成しております。福島県内の大型太陽光・風力発電事業に対する融資を中心に、多様な手法を活用してお客さまの環境関連ニーズに対応してまいります。

1.プロジェクト概要

借入人 合同会社西の郷ソーラーパーク
発電所名称 西の郷ソーラーパーク
事業地 福島県西白河郡西郷村大字小田倉字谷津田1-2 他
発電規模 約44MW(太陽電池モジュールベース)
売電先 東北電力株式会社
操業開始 2020年1月(予定)

2.融資概要

融資契約締結日 2017年5月31日
組成金額 12,577百万円
当行参加額 10,577百万円
参加金融機関 東邦銀行、大東銀行、福島銀行
主幹事金融機関 東邦銀行(アレンジャー兼エージェント)

以上

ニュースリリース

アクセスランキング