ニュースリリース

2017/05/18

次世代育成支援対策推進法に基づく特例認定「プラチナくるみん」の取得について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、「人を大事にする経営」を基本とし、仕事と家庭の両立支援や積極的な子育て支援により、継続して従業員の活躍推進に取り組んでまいりました。

 今般、その取組みの成果が認められ、プラチナくるみんを取得しましたので、お知らせいたします。

 なお、プラチナくるみん認定とは、子育てサポート企業としてくるみん認定を受けた企業のうち、より高い水準の取組みを行った企業が厚生労働省より受ける子育て支援の最高位の認定です。

 平成29年4月に認定基準がより厳しく改正(※)されて以降、東北で初の特例認定取得となりました。現在、福島県内では当行が唯一のプラチナくるみん認定企業となります。

 今後も仕事と家庭の両立支援とともに働き方改革を進め、従業員がより柔軟に働くことができる職場環境づくりに取り組んでまいります。

※改正ポイント:労働時間の基準を追加

1.フルタイム労働者等の法定時間外・法定休日労働時間の平均が各月45時間未満

2.月平均の法定時間外労働が60時間以上の労働者がいないこと

  1. 次世代育成支援対策推進法に基づく「プラチナくるみん認定」取得について

    プラチナくるみん

    (1)この認定は、行動計画の策定・届出を行った企業のうち、子育て支援に関する取組実施状況等が優良な企業に与えられるものです。当行は、平成21年と平成26年にくるみん認定を取得し、この度更に高い水準のプラチナくるみん認定を取得しました。

    (2)認定にあたり評価された主な取組み

    A.事業所内保育施設

     事業所内保育施設を福島市と郡山市の県内2ヵ所に設置しました。

    B.育児に関する休暇制度の導入と拡充

     積立特別休暇の上限日数を拡大し、取得要件に「育児」を追加し、「イクまご休暇」を創設しました。

    C.イクメン・イクボスの育成等、男性の育児参画に向けた職場環境の整備

     男性の育児休業取得者の社内報等への紹介や全部店長による「イクボス宣言」の実施等、両立支援制度への理解と意識改革を図っています。

    (3)認定通知書交付式について

    日時 平成29年5月24日(水)9時30分より
    場所 福島労働局会議室(福島市霞町1-46 福島合同庁舎4階)
    出席者 取締役頭取 北村 清士
  2. 当行の両立支援及び多様な働き方の推進に向けた取組み(詳細はこちらをご参照ください。

    (1)当行の取組み

     フレックスタイム制の導入、半日・時間単位の年次有給休暇、復職支援等、当行では先駆的な取組みや施策を進めております。

    (2)これまでの表彰や認定取得について

     仕事と家庭の両立を支援する制度と取組みの結果として、「福島県ワーク・ライフ・バランス大賞」の受賞や「女性活躍推進法のえるぼし」等の認定を取得しています。

●当行の主な取組み

(1)「仕事と家庭の両立」を支援する制度と取組み

A.事業所内保育施設の設置

とうほう・みんなのキッズらんどを県内2ヵ所に設置し、仕事と家庭の両立が実現できる職場環境を整備しています。

B.育児休業者の復職支援

復職前の産休育休者を対象に、復職支援セミナーを開催し、復職者の経験談や情報交換会を通じて、復職への不安払拭とワーク・ライフ・バランスを支援しています。

C.短時間勤務制度

4時間・5時間・6時間から個々人の実態にあわせて勤務時間が選択できます。育児のほか介護、傷病の事由でも利用が可能です。

D.半日・時間単位の
年次有給休暇

半日・時間単位での有給休暇の取得ができ、柔軟な働き方と有給休暇の取得を促進しています。

E.積立特別休暇

年次有給休暇の未取得分を積立て利用できる制度。積立上限日数を120日とし、育児・介護・私傷病・ボランティアやイクまご(孫の育児)での利用が可能です。

F.仕事と家庭の両立支援
ガイドブック

制度周知と利用促進のため、出産や育児・介護等の両立支援制度をわかりやすくまとめ、全従業員に配布しました。イントラネットに制度の内容を掲載し自宅でeラーニングを利用して確認ができます。

G.イクメン育成への取組み

育児休業取得率100%を目指し、育児休業の取得を推進し、男性の育児参画を推奨しています。

H.イクボスへの取組み

福島県内企業で初めてイクボス企業同盟に加盟。全部店長によるイクボス宣言を実施し、イクボスの育成と働きがいのある職場環境づくりに取り組んでいます。

(2)「多様な働き方」を推進する取組み

A.フレックスタイム制の
導入

勤務時間について各自の自主性を尊重し、柔軟な働き方により業務の効率と生産性を高め、ワーク・ライフ・バランスをより一層促進しています。

B.活き活き
リフレッシュデー

毎週水曜日等月5回、早帰りを推奨し、メリハリある働き方を勧めています。

C.全行一斉早帰り週間

ワーク・ライフ・バランスの推進と健康増進を図るため、早帰り週間を年に2回設けています。

D.プレミアムフライデーの
実施

働き方改革を加速するため、毎月最終金曜日(月中へ振替可)に、家族交流会職場見学会職場内コミュニケーションの開催を推奨しています。

●これまでの取組みに対する最近の主な評価

 当行の取組みが認められ、以下の表彰や認定をいただいております。

H17年度 福島県次世代育成支援企業認証制度による「仕事と生活の調和」推進企業
H18年度 厚生労働省「均等・両立推進企業表彰『ファミリー・フレンドリー企業部門』福島労働局長賞」
H21年度 次世代育成支援対策推進法に基づく次世代認定「くるみん」(1回目)
H26年度 郡山市男女共同参画推進事業者表彰
独立行政法人高齢・障害・求職者支援機構 理事長努力賞
厚生労働省「均等・両立推進企業表彰『均等推進企業部門』福島労働局長優良賞」
福島県ワーク・ライフ・バランス大賞
次世代育成支援対策推進法に基づく次世代認定「くるみん」(2回目)
H27年度 厚生労働省「パートタイム労働者活躍推進企業表彰」奨励賞
H28年度 日本創生のための将来世代応援知事同盟「将来世代応援企業賞」
女性活躍推進法に基づく基準適合一般事業主認定「えるぼし(2段階目)」
厚生労働省「パートタイム労働者活躍推進企業表彰」優良賞

以上

ニュースリリース

アクセスランキング