ニュースリリース

2017/03/16

福島新エネ社会構想の実現に向けた送電網の建設・運営事業会社の設立について

 東邦銀行(取締役頭取 北村 清士、以下「当行」)は、今般、福島発電株式会社、東京電力ホールディングス株式会社と、「福島新エネ社会構想」(注1)に基づく阿武隈山地及び福島県沿岸部における再生可能エネルギーの導入拡大に向けて、送電線・変電所の建設ならびに運営を担う事業会社「福島送電合同会社」を設立しましたのでお知らせいたします。

 事業会社の設立に向けては、2016年10月に、福島発電株式会社及び東京電力ホールディングス株式会社が福島送電準備合同会社を立ち上げ、再生可能エネルギーの導入拡大に向けた送電網の増強を実現するべく調査・検討を進めており、このたび、当行も出資参画し、福島送電合同会社へ移行することとしたものです。

 今後、福島送電合同会社は、発電事業者ならびに一般送配電事業者である東京電力パワーグリッド株式会社との間で、送電線・変電所の設計及び建設やその費用負担に関わる契約等の手続きを行った上で、送電線・変電所の設計及び建設を進め、2020年からの運用開始を目指してまいります。

 引き続き当行は、「すべてを地域のために」というコーポレートメッセージの下、様々な活動を通じて、福島県経済の活性化に貢献してまいります。

(注1)2016年3月に「福島新エネ社会構想実現会議」が発足、同年9月に「福島新エネ社会構想」の取りまとめが行われました。

  1. 事業会社概要

    <福島送電合同会社>

    設立時期 2017年3月15日
    商号 福島送電合同会社
    本社 福島県福島市中町5番21号
    出資者 福島発電株式会社、東京電力ホールディングス株式会社、当行
    代表社員 福島発電株式会社(職務執行者 鈴木 精一)
    資本金 1,300万円
    事業内容 阿武隈山地、福島県沿岸部における送電線・変電所の設計、建設及び運営など

    <ご参考:福島送電準備合同会社>

    設立時期 2016年10月3日
    商号 福島送電準備合同会社
    本社 福島県福島市中町5番21号
    出資者 福島発電株式会社、東京電力ホールディングス株式会社
    代表社員 福島発電株式会社(職務執行者 鈴木 精一)
    資本金 1,000万円
    事業内容 送電線・変電所の設計及び建設のための調査及び準備に関する業務など
  2. 事業イメージ

    事業イメージ

以上

本件に関するお問い合わせ先

法人営業部 営業渉外課 新産業金融推進チーム 担当:本多
電話:024-523-3131(代表)

ニュースリリース

アクセスランキング