ニュースリリース

2017/02/13

「事業承継・M&Aエキスパート」資格取得について~エキスパート資格者約660名が誕生!東北で認定者数第1位!~

 株式会社東邦銀行(頭取 北村清士)は、お客さまの事業承継およびM&A(注)のニーズ等にお応えするため、行員の能力向上に向けた人材育成に積極的に取り組んでおります。

 この度、当行の行員約660名が「事業承継・M&Aエキスパート」の資格を取得いたしましたのでお知らせいたします。

 近年、オーナー経営者さまの高齢化や更なる事業拡大ニーズを背景として、お客さまから寄せられる事業承継およびM&Aに関するご相談は増加傾向にあり、相談内容も多岐にわたっております。

 当行としましては、地域金融機関として今後も地域企業のご支援ならびに更なる地域経済の活性化に向けて貢献してまいりたいと考えております。

(注)M&A(Mergers And Acquisitions) ※直訳「会社の買収と合併」

 現在は合併や株式の取得の他に、営業譲渡や資本提携・業務提携などの大きな意味での会社同士の提携を総称して「M&A」といわれています。

「事業承継・M&Aエキスパート」

 本資格は、一般社団法人金融財政事情研究会と株式会社日本M&Aセンターが共同で実施する試験を通じて認定される資格です。

 中堅・中小企業では、オーナー経営者の高齢化が進むとともに、どのようにして後継者を確保し、事業を円滑に承継していくかが大きな課題となっています。

 金融機関にとっても、経営者と共に考え、最善の道を探っていくことが経営者からの信頼を得るために必要な事であり、中堅・中小企業の経営の安定・持続的成長、経営者・従業員の生活基盤の安定、ひいては日本経済の持続的発展・成長に資することを目的としています。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング