ニュースリリース

2017/02/01

『リース媒介業務』の開始について

 東邦銀行(頭取 北村 清士、以下「当行」)は、平成29年2月1日より、連結子会社の東邦リース株式会社(代表取締役 長谷川 敏朗)が取扱うリース商品の媒介業務を下記の通り開始しましたので、お知らせいたします。

 今回のリース媒介業務の開始により、従来行ってきた東邦リースの紹介に加え、当行において銀行融資とリース商品を一体的に提案できるようになります。

 当行は、「すべてを地域のために」というコーポレートメッセージのもと、今後もサービスの品質向上に努め、多様な金融手法を活用して、お客さまの幅広いニーズに対応してまいります。

  1. 取扱商品

    所有権移転外ファイナンスリース(注1)

  2. リース会社

    東邦リース株式会社

  3. 取扱形態

    当行による媒介(注2)

【リース商品の比較】

リース商品 内容
ファイナンス・リース 【当行媒介商品】
所有権移転外ファイナンス・リース
リース期間満了時に、リース物件の所有権が借手に移転せずリース会社に残るファイナンス・リースです。
所有権移転ファイナンス・リース リース期間満了時に、リース物件の所有権が借手に移転するファイナンス・リースです。
オペレーティング・リース ファイナンス・リース以外のリース取引をさします。

(注1)お客さまが希望する機械設備等を、リース会社が代わりに購入し、賃貸する取引です。リース期間中に、設備の購入代金及び諸費用(諸税・保険料他)の全額を、リース料としてお客さまからお支払いただきます(フルペイアウト)。原則として中途解約できません。

(注2)当行は、お客さまに東邦リースのリース商品を提案する「媒介」業務を行い、東邦リースが審査、リース契約の締結等を行います。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング