ニュースリリース

2017/01/23

「福島がんばれ寄付型私募債」の取扱開始について

 株式会社東邦銀行(頭取 北村 清士)は、平成28年6月1日より「とうほう・ふるさと総活躍応援私募債」の取扱を開始し、平成28年12月末現在の受託実績は28件/3,560百万円となっております。

 このたび、寄付型私募債によって福島を応援したいという多くのお客さまの声にお応えするべく、福島県外に本社を有するお客さまを限定とする「福島がんばれ寄付型私募債」の取扱を開始いたしましたのでお知らせいたします。

 当行では、「すべてを地域のために」のコーポレートメッセージのもと、今後もお客さまの発展と成長に貢献できるよう積極的に取組んでまいります。

「福島がんばれ寄付型私募債」の商品概要

名称 「福島がんばれ寄付型私募債」
対象 当行の私募債適債基準を満たし、私募債の発行および寄贈を通じて福島の活性化を支援する主旨にご賛同いただける福島県外に本社登記のある法人のお客さま
内容

・「福島がんばれ寄付型私募債」の発行時に私募債発行企業から受け取る発行手数料の一部で、備品・図書等を購入し、福島県内の幼稚園、小中学校、高校、児童福祉施設及び福祉介護施設等へ寄贈します。

・寄贈物品は寄贈先の希望を勘案し決定しますが、一例としては、スポーツ用具、楽器、椅子及び机等の備品や図書などが挙げられます。

福島がんばれ寄付型私募債

以上

ニュースリリース

アクセスランキング