ニュースリリース

2016/12/27

「山形県米沢市木質バイオマス発電事業」に対するプロジェクトファイナンスの組成について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、大和PIパートナーズ株式会社及びグリーン・サーマル株式会社が共同で設立した「DSグリーン発電米沢合同会社」が実施する木質バイオマス発電事業向けプロジェクトファイナンスに対して、総額3,854百万円の協調融資(シンジケートローン)を組成し、第1回目の融資を実行いたしましたのでお知らせいたします。

 本事業は、山形県米沢市に6,250kW(発電出力)の木質バイオマス発電所を建設し、固定価格買取制度に基づき売電を行うものです。地域密着型の事業であり、森林資源を有効利用した電力の安定供給に加え、林業の活性化や森林再生、循環型社会の形成など、多くの効果が期待されています。

 当行では、本件木質バイオマス発電事業に加え、大型風力発電事業に対する融資や、太陽光発電事業に係るプロジェクトファイナンスの組成を通じ、環境分野へ積極的に取り組んでおります。今後も更なるノウハウの蓄積を図り、多様な金融手法を活用してお客さまのニーズに対応してまいります。

1.プロジェクト概要

事業主体 DSグリーン発電米沢合同会社
事業内容 木質バイオマス発電事業
事業地 山形県米沢市直江石堤18701番地1 他
発電規模 6,250kW(発電出力)
操業開始 平成29年度末(予定)

2.融資概要

融資契約締結日 平成28年10月26日
組成金額 3,854百万円
当行参加額 3,054百万円
主幹事金融機関 東邦銀行
参加金融機関 東邦銀行、山形銀行

以上

本件に関するお問い合わせ先

法人営業部 営業渉外課 新産業金融推進チーム 担当:加藤
電話:024-523-3131(代表)

ニュースリリース

アクセスランキング