ニュースリリース

2016/12/12

広野町と東邦銀行との包括連携協定の締結について

 広野町と株式会社東邦銀行(頭取 北村清士)は、下記の内容で「広野町と東邦銀行との包括連携協定」を締結しましたのでお知らせいたします。

 当行が自治体と連携協定を締結するのは本件で24自治体目となります。

 当行としましては「すべてを地域のために」というコーポレートメッセージの下、地域金融機関として産業振興のみならず、子育て支援、地域の安全・安心等の幅広い分野におきまして、地域に貢献してまいりたいと考えております。

  1. 協定の目的

     広野町と当行とが相互に緊密に連携することにより、双方の資源を有効に活用した協働による活動を推進し、地方創生と東日本大震災からの復興、地域の活性化及び住民サービスの向上に資することを目的とします。

  2. 連携協定の内容

    (1)東日本大震災及び原発事故からの復興、災害対策に関すること。

    (2)地域経済の活性化に関すること。

    (3)交流人口の拡大と観光資源の活用に関すること。

    (4)移住・定住の促進及び結婚・子育て支援に関すること。

    (5)新たな教育やスポーツを活かしたまちづくりに関すること。

    (6)その他地域社会の活性化・住民サービスの向上に関すること。

  3. 連携施策の重点項目について

    (1)地域産業や成長産業の企業育成支援

     地域産業育成のほか、エネルギータウン推進やイノベーション・コースト構想に基づく再生可能エネルギー及びロボット等の成長産業の育成支援を展開し、地域経済の活性化を目指します。

    (2)交流人口拡大による地域活性化

     Jヴィレッジの再開に向けた整備への支援や、同施設を核とする東京五輪・パラリンピックの合宿誘致に向けたPRを展開するほか、「広野スタイル」のブランディング確立に向け町の魅力向上を目指します。

    (3)移住・定住促進及び結婚・子育て充実

     広野町への移住・定住希望者に対し、住宅ローン金利引き下げや広野町のPRを行うとともに、結婚希望者や事業後継者に対し婚活支援を行い、子育て支援も含め施策を展開することで地方創生の実現を目指します。

  4. 締結にかかるキックオフイベントについて

     包括連携協定の締結を記念して、広野町内の小学生を対象に当行サッカー部によるサッカー教室を開催します。

    日時:平成28年12月17日(土)午後1時から2時まで

    場所:広野町多目的運動場 双葉郡広野町大字下北迫字岩作140-69

    ※荒天時の場合は町内体育館にて開催

以上

ニュースリリース

アクセスランキング