ニュースリリース

2016/11/18

株式会社お金のデザインへの出資について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、株式会社お金のデザイン(本社:東京都港区、代表取締役社長:廣瀬 朋由様、以下、「お金のデザイン社」)の実施した、第三者割当による資金調達の引受先の1社として出資を行いましたので、お知らせいたします。

 当行は平成27年10月以降、家計簿アプリ「マネーフォワード」を提供する株式会社マネーフォワードに出資し、資本・業務提携を締結するなど、FinTech(※1)分野への取り組みを強化しておりますが、今般、独自のアルゴリズム(※2)とロボアドバイザー(※3)に基づき、お客さま一人ひとりに最適な資産運用サービス「THEO(テオ)」を提供する、お金のデザイン社に出資するものです。

 今般の出資により、東邦銀行とお金のデザイン社は、両社の経営資源(技術・アイデア)を活用した新たなFinTechサービスの共同開発など、お客さまのサービス向上への取り組みを一層進めてまいります。

※1.金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語。
IT(情報技術)を駆使した新たな金融サービスの総称。

※2.コンピュータに計算させる手順、プログラム。

※3.FinTechの1つ。
いくつかの質問に答えるとお客さまに合った商品の組み合せを紹介する技術。

以上

《ご参考》

  1. 「THEO(テオ)」について

    「THEO(テオ)」は、独自開発のロボアドバイザーによる個人向け資産一任サービスで、5つの質問に答えるだけで、ロボアドバイザーが、世界の11,000のETF(上場投資信託)の中から、最適な組み合わせを提案し、運用します。

    10万円から運用が可能で、スマホだけで手続きが完了する新しいサービスです。

ニュースリリース

アクセスランキング