ニュースリリース

2016/10/05

株式会社マネーフォワードへの追加出資について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、個人向けの自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」及びビジネス向けクラウドサービス「MF クラウドシリーズ」を運営する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO 辻 庸介、以下マネーフォワード社)の実施した第三者割当による資金調達の引受先の1社として追加出資を行いましたので、お知らせいたします。

 東邦銀行は、平成27年10月にマネーフォワード社に出資し、資本業務提携契約を締結しております。また、平成28年6月13日より、マネーフォワード社が提供する個人向けの自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」をベースに、当行のお客さま向けに開発、マネーフォワード社が提供する「マネーフォワード for 東邦銀行」の取り扱いを開始しております。

 今般の追加出資により、東邦銀行とマネーフォワード社は、両社の経営資源(技術・アイデア)を活用した新たなFinTech(※)サービスの共同開発の取組と、両社が提供するサービスの連携促進を更に強化して進めてまいります。

※FinTechとは

金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語。
IT(情報技術)を駆使した新たな金融サービスの総称。

《ご参考》

  1. 「マネーフォワード for 東邦銀行」について マネーフォワード for 東邦銀行

     東邦銀行でインターネットバンキングをご利用いただいているお客さまの銀行口座の残高や入出金明細の確認、東邦Alwaysカード・東邦Alwaysデビットカード<JCB>のご利用明細に加え、2,580社以上の銀行・クレジットカード・電子マネー・ポイントサービスなどの金融関連サービス、ECサイトでのショッピング履歴などの残高・明細情報の一括管理ができ、日々の入出金や資産の状況を簡単に把握できます。

  2. 株式会社マネーフォワードについて

     自動家計簿・資産管理サービスや、ビジネス向けクラウドサービスなど、お金に関する課題を解決するプラットフォームを開発・提供しており、FinTechベンチャー企業としてユーザー数、知名度ともに国内トップクラスの企業。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング