ニュースリリース

2016/07/19

「金融機関向けFinTechサービス」導入にかかる検討の開始について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長 角 一幸)が平成28年10月より提供する「金融機関向けFinTechサービス」の導入にかかる検討を下記の通り開始することから、お知らせいたします。

 TKCの「金融機関向けFinTechサービス」の導入により、TKCのお客さまであるTKC全国会会員(全国1万名超の税理士・公認会計士)と連携し、金融仲介機能のさらなる発揮、お客さまの事業に対する目利き力やモニタリングの強化、コンサルティング機能の強化を図ることができるようになります。

 今後当行では、8月に本サービスの導入や運用などを解説する仕様説明会に参加し、10月からのサービス導入に向けた検討を行ってまいります。

 当行は、引き続きよりよい商品・サービスの充実に取組み、地域のお客さまの様々なニーズにお応えする銀行を目指してまいります。

  1. サービス名

     「金融機関向けFinTechサービス」(株式会社TKCが提供するサービス)

  2. サービス概要

     本サービスは、TKC会員(税理士・公認会計士)がお客さまからの委託に基づいて、信頼性の高い決算書・月次試算表等を定性情報と共に、インターネットで金融機関に提供するサービスです。

  3. 検討開始

     平成28年7月

  4. 以上

ニュースリリース

アクセスランキング