ニュースリリース

2016/07/19

慶應義塾大学発のベンチャー企業向け投資ファンドへの出資について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)では、慶應義塾大学のベンチャーキャピタル「慶應イノベーション・イニシアティブ1号ファンド」(以下、KII1号ファンド)に対して2億円の出資を決定しましたのでお知らせいたします。

 KII1号ファンドは、慶應義塾大学の研究成果(IT融合領域、デジタルヘルス、バイオインフォマティクス、再生医療の4分野を中心)を活用したベンチャー企業への投資・育成を通じて、新産業の創出推進への貢献と、投資事業としての収益性の両立を目指すベンチャーキャピタルファンドです。

 東邦銀行では、慶應義塾大学が誇るハイレベルな技術力・研究開発力と福島県内企業とを結びつけ、有意義な産学連携体制の構築と地域経済の発展に寄与することを目的に、本ファンドへの出資を決定いたしました。

 なお、東邦銀行においては、既に大学発の共同ファンドとして東北大学発のベンチャーファンドに投資を行う一方、「とうほう・ふるさと総活躍応援ファンド」を通じて福島大学発第1号のベンチャー企業である株式会社ミューラボに投資を行うなど、これまでにも産学連携に取組んでおり、今後も「一億総活躍社会の実現」「地方創生」に積極的に取組んでまいります。

以上

【ファンドの概要】

ファンド名 慶應イノベーション・イニシアティブ1号ファンド
投資対象 慶應義塾大学の研究成果を活用したベンチャー企業
設立日 平成28年7月1日
ファンド総額 約45億円
運用期間 10年間
投資家 金融機関・機関投資家、事業会社、起業家等

ニュースリリース

アクセスランキング