ニュースリリース

2016/05/10

福島県、東京海上日動火災保険株式会社との地方創生に関する連携協定締結について

 福島県、東京海上日動火災保険株式会社、株式会社東邦銀行(頭取 北村清士)は、相互の連携を強化し、地方創生の実現に向け「地方創生に関する連携協定」を締結いたしましたのでお知らせいたします。なお、地方創生に関する都道府県、大手損害保険会社、地域金融機関との三者間協定は全国初の取り組みとなります。

 本協定の締結を契機に三者が連携し、当行の地場の強固なネットワークと東京海上日動火災保険の全国のネットワークを活用し、本協定の重点事業「ふくしまで“挑戦する若者”を応援」に取り組むことで、日常生活からしごと(起業)にかけて県内での「若者の挑戦」を積極的にサポートしてまいりたいと考えております。当行のコーポレートメッセージ「すべてを地域のために」の下、地域金融機関として挑戦する若者を応援すると共に、産業振興等の幅広い分野におきまして、地域に貢献してまいりたいと考えております。

  1. 協定の目的

     福島県、当行、東京海上日動火災保険が相互に密接に連携することにより、それぞれの資源を有効に活用した協働による活動を推進し、地方創生の実現に資することを目的とする。

  2. 協定の内容

    (1)企業の競争力強化や雇用創出に関すること。

    (2)未来を担う若者の定着や還流に関すること。

    (3)農林水産業の振興に関すること。

    (4)定住や二地域居住の振興に関すること。

    (5)交流人口の拡大に関すること。

    (6)結婚や出産・子育ての支援に関すること。

    (7)まちの新たな魅力創造に関すること。

    (8)その他、地方創生に資する取組に関すること。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング