ニュースリリース

2016/03/31

女性活躍推進法に基づく行動計画の策定について

 株式会社東邦銀行(頭取 北村 清士)では、「人を大事にする経営」を基本とし、積極的なキャリア形成支援や仕事と家庭の両立支援により、継続して女性活躍推進に取り組んでまいりました。

 今般、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(女性活躍推進法)に基づき、行動計画を策定しましたので、お知らせいたします。

 今後も、仕事と家庭の両立を図りながら働きがいを持って活躍できるように、多様な働き方や両立支援の推進および人材の育成に努めてまいります。

女性の継続就業と能力発揮・キャリア形成を目的として、次のとおり行動計画を策定します。

  1. 計画期間

    平成28年4月1日~平成32年3月31日

  2. 当行の課題

    [課題1] 管理職に占める女性の割合の向上

    [課題2] 女性の平均勤続年数の向上

  3. 目標・取組

    目標1 全役席者に占める女性の割合を20%以上とします。

    (継続取組) ・キャリア形成支援を目的とした研修プログラムの実施
    (キャリア養成講座、マネジメント講座等)
    ・管理職登用を視野に入れた外部研修への派遣
    ・職員活躍推進室によるキャリア形成支援
    (新規施策) ・女性ロールモデルの紹介
    ・メンター制度の充実 等

    目標2 女性総合職の平均勤続年数を15年以上とします。

    (継続取組) ・両立支援制度の拡充と利用促進
    (短時間勤務制度、半日休暇制度、特別休暇制度等)
    ・育児支援(事業所内保育施設の開設と利用促進)
    ・自己啓発支援(eラーニングシステム導入等)
    ・両立支援セミナーの開催(復職支援、介護セミナー等)
    ・職員総合相談室による従業員相談の実施
    (新規施策) ・フレックスタイム制導入等、「働き方改革」の実施
    ・地域限定総合職の導入検討 等

    ※女性活躍に関する情報については、こちらをご覧ください。

    以上

ニュースリリース

アクセスランキング