ニュースリリース

2016/03/07

福島県文化センターのネーミングライツ取得について

 東邦銀行(頭取 北村清士)は、このたび、地域の文化活動の振興へ貢献することを目的として、福島県文化センターのネーミングライツを取得いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

  1. 主旨

     東日本大震災からまもなく5年が経過するなか、復興に取り組む元気な福島を県内外にアピールするとともに、福島県文化センターの維持管理の充実、県民の皆さまの一層の文化の振興を目的とした福島県の趣旨に賛同し、今般、福島県文化センターのネーミングライツを取得いたしました。

     当行では、平成28年度に迎える創立75周年の記念事業として、本ネーミングライツを取得し、地域の皆さまの文化活動のさらなる活性化を通じて、“ふくしま”の復興から成長への支援に努めてまいります。

  2. ネーミングライツの概要

    (1)愛称

    とうほう・みんなの文化センター

    (2)取得期間

    平成28年4月1日から平成33年3月31日まで(5年間)

    (3)ネーミングライツスポンサー料

    5年間合計 5,000万円(消費税および地方消費税を除く)

 当行は、平成24年12月に締結した福島県との包括連携協定に基づき、今後とも相互に連携することにより、福島県の一層の活性化を支援してまいります。

<ご参考>

○県営あづま陸上競技場のネーミングライツ取得について

愛称   「とうほう・みんなのスタジアム」

取得期間 平成25年5月から平成30年3月まで

以上

ニュースリリース

アクセスランキング