ニュースリリース

2016/02/05

三春町と東邦銀行との包括連携協定の締結について

 三春町と株式会社東邦銀行(頭取 北村清士)は、下記の内容で「三春町と東邦銀行との包括連携協定」を締結しましたのでお知らせいたします。

 当行が自治体と連携協定を締結するのは本件で20自治体目となります。

 当行としましては「すべてを地域のために」というコーポレートメッセージの下、地域金融機関として産業振興のみならず、子育て支援、地域の安全・安心等の幅広い分野におきまして、地域に貢献してまいりたいと考えております。

  1. 協定の目的

     三春町と東邦銀行が、相互かつ緊密に連携することにより、双方の資源を有効に活用した協働による活動を推進し、もって地方創生への取り組みの強化、地域社会の活性化及び住民サービスの向上に資することを目的とするものです。

  2. 連携協定の内容

    地方創生における「三春町まち・ひと・しごと創生総合戦略」の推進等に関する下記5項目

    (1)特色ある観光資源の活用と地域産業の振興に関すること

    (2)新しい人の流れを生み出す移住・定住の促進に関すること

    (3)結婚・子育て支援による暮らしやすい環境づくりに関すること

    (4)交流をテーマとした魅力ある安全・安心なまちづくりに関すること

    (5)その他地域社会の活性化・住民サービスの向上に関すること

  3. 連携施策の重点項目について

    (1)「三春滝桜」や史跡等の既存の観光資源に加え、福島ガイナックス社の「さくら遊学舎」や「福島県環境創造センター」等の新施設に関連し、町が企画する「パッケージツアー等の商品開発」のほか、「アニメコンテンツによる情報発信」などについて連携・協力することで、交流人口の増加を促し、地域産業の活性化を図ります。

    (2)町への移住・定住促進のため、子育て支援や三世帯同居等に関する住宅ローンの金利引き下げ制度を適用することに加え、それらの情報について、三春町ウェブサイトなど相互の情報発信ツールを用いて移住等の希望者への情報発信を行います。

    (3)晩婚化や事業所の後継者対策として、町が実施する婚活セミナーや異業種交流会などの開催について相互に協力し、結婚の希望がかなう環境づくりに取り組みます。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング