ニュースリリース

2016/01/20

二本松市における台湾人観光客「ふくしま」誘客施策への協力について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、二本松市(市長 新野洋)およびヴィジョンクエスト株式会社(代表取締役 安齋仁)、株式会社ル・プロジェ(代表取締役 山田洋一郎)による標記施策について、「地方創生」の観点から協力企業として参画いたしますのでお知らせいたします。

 本施策は、二本松市と民間事業者等とが緊密に連携した官民合同プロジェクトであり、地方都市におけるインバウンド誘致の新たな可能性を模索する施策ですので、地域金融機関としてのネットワークを活用し、地域経済の発展に貢献してまいります。

  1. 施策の概要

     詳細は、昨日(平成28年1月19日)19時より「陽日の郷 あづま館」にて開催された、二本松市等による記者会見の内容となりますが、概要は以下の通りでございます。

    (1)観光客誘致支援

     台湾大手TV局三立電視台放映旅番組を承知し、台湾有名タレントが福島を紹介。放映映像の一部を台湾セブンイレブンの店頭にて放映するとともに、出演タレントがSNSで映像を配信する。

    (2)受入体制整備支援

     ヤマト運輸の輸送ネットワークを活用した「手ぶら観光」を推奨し、岳温泉を基点とした周遊ルートにおいて定額タクシーサービスを提供する。また、商店街の免税化も予定している。

    (3)リピーター確保支援

     再来日の機会促進のためのネット通販(越境EC)事業を構築する。

  2. 当行による協力の内容

    (1)通販事業への取引企業紹介

     ヴィジョンクエスト株式会社様が企画するプロモーション施策を通じ二本松市へご来訪された観光客の皆さまが、再び同市へおいでいただける動機付けとなるよう、「おみやげ品お取り寄せ通販(越境EC)」事業に対し、出店企業の募集等において当行のネットワークやビジネスマッチングのノウハウを活用いたします。

    (2)通販事業の資金決済の支援

     また、同通販事業における資金決済等において、当行グループも含めた金融機能を有効に活用いたします。

    (3)「地方創生」としての観光客誘致支援

     その他、「地方創生」の観点から幅広く本施策に積極的に参画し、来期以降の本施策他地域展開も含め、インバウンド型観光誘致施策に可能な限りのご協力をさせていただきたいと存じます。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング