ニュースリリース

2015/08/28

「株式会社青木商店」様に対するシンジケートローン組成について

 東邦銀行(頭取:北村 清士)は、株式会社青木商店(本社:郡山市八山田5-405 代表取締役:青木 信博)様に対しまして、当行が主幹事となり地方銀行4行によるシンジケートローン(協調融資)を組成いたしましたのでお知らせいたします。

 今回のシンジケートローンは、当行が、複数の金融機関をとりまとめるアレンジャー(主幹事)業務、及びエージェント(事務代理人)業務を単独で受託いたしました。

 シンジケートローンは、一度に大口の資金調達が可能であること、調達先や調達方法の多様化が図られること、事務負担の軽減が図られることなどがメリットとして挙げられますが、その組成にあたっては、複数の金融機関が参加することから、企業の高い信用力が必要となります。

 株式会社青木商店様は、今般の調達資金を今後の出店にかかる設備資金等に充当し、更なる店舗展開を図ることで事業発展を目指していきます。

 当行は、今後も積極的にシンジケートローンを活用し、地域経済の発展に資するお客さまの資金調達ニーズに的確かつ迅速に対応し、地場企業及び地域経済の発展に向け全力で取組んでまいります。

1.シンジケートローンの概要

アレンジャー 当行
エージェント 当行
参加金融機関 当行を含む地方銀行4行【秋田銀行・常陽銀行・大東銀行(五十音順)】
組成金額 20億円
契約日 平成27年8月24日
資金使途 店舗新規出店にかかる設備資金等

2.株式会社青木商店の概要

 株式会社青木商店様は大正13年(1924年)に創業。安心・安全で健康維持・増進に役立つフルーツをさまざまなスタイルで提供し、その豊かな食生活を支える「フルーツ文化創造企業」として、フルーツ専門店、フルーツジュース専門店、フルーツタルト&カフェ店等を展開しております。

 現在、北海道から沖縄にかけて全国に205店舗を展開。今後、株式公開や海外出店も視野に入れるなど、更なる事業発展が期待されます。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング