ニュースリリース

2015/06/17

お客さまの国際協力機構(JICA)「中小企業海外展開支援事業~案件化調査~」の採択及び正式契約について

 東邦銀行(頭取 北村清士)では、株式会社環境分析研究所様(本社:福島市、代表取締役社長 菊池美保子)、株式会社昭和衛生センター様(本社:南相馬市、代表取締役 田原義久)、本多設備工業株式会社様(本社:東白川郡塙町、代表取締役社長 本多幸雄)3社共同企業体でのベトナムにおける事業展開において、独立行政法人国際協力機構(以下、JICA)のODAを活用した標記調査事業の申請をサポートしてまいりましたが、3月に採択され、今般正式契約となりました。

 今般の掲題支援事業(2014年度第2回)については、129件の提案のうち25件が採択され、本件は東北地方で採択された2件のうちの1件となります。

 上記3社は福島県内において浄化槽の設置・施工、維持・管理、及び水質検査等を業務としております。3社が持つ技術がベトナムでの浄化槽の本格的な普及、及び定着を推進し、ベトナムの生活排水処理等の処理水準の向上を通して環境改善や汚泥処理に貢献することが期待されます。

 JICAのODAを活用した海外展開支援事業について、当行からの紹介による採択は2件目となります。なお、本件については、お客さまからのご相談の初期段階よりJICAやコンサルティング会社の紹介、現地ベトナムへの同行などの支援をさせていただきました。

 当行では引続き、海外へ事業展開されるお客さまのニーズに応えるとともに、福島県経済の国際化に貢献できるよう努めてまいります。

【採択事業概要】

名称 中小企業海外展開支援事業 ~案件化調査~
提案者
(3社共同企業体)
株式会社環境分析研究所
株式会社昭和衛生センター
本多設備工業株式会社
対象国 ベトナム
業務経費 1件3,000万円を上限/最大1年間
案件名 浄化槽維持・管理技術の導入による生活排水処理水準の向上に向けた案件化調査

以上

本件に関するお問い合わせ先

国際営業部 国際営業課 担当:佐山、小池、佐藤(は)
電話:024-523-3223(直通)

ニュースリリース

アクセスランキング