ニュースリリース

2015/05/18

「とうほう・次世代創業支援ファンド」による投資について

 株式会社東邦銀行(頭取 北村 清士)が、山田ビジネスコンサルティング株式会社と組成した「とうほう・次世代創業支援ファンド」(注1)は、平成27年5月15日に、福島県三春町でアニメ制作スタジオ及びアニメミュージアムを運営する「株式会社福島ガイナックス」様に対して投資しましたのでお知らせいたします。なお、本ファンドの投資実績は、11件で累計530百万円となります。

 「とうほう・次世代創業支援ファンド」は、震災からの復興期において、創業・第二創業に取り組むお客さま、成長分野関連事業・ベンチャー型事業に取り組むお客さま、新たな事業展開を目指すお客さま等に出資などを通じて支援することを目的としており、当行が99%出資しています。

 株式会社福島ガイナックスは、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」や「天元突破グレンラガン」などを手掛けた株式会社ガイナックスの子会社で、三春町の旧桜中学校舎を活用し、アニメ制作スタジオとアニメミュージアムを平成27年4月に開設しました。今後、地元人材の雇用創出や観光活性化等を通じて福島県の復興、地域振興に取り組む当社を支援するため、今般投資いたしました。

 当行は、引き続き投資ファンドや融資を通じた成長マネーをご提供することにより、次世代を担うお客さまの創業や事業拡大等をサポートし、地域経済の活性化に積極的に取り組んでまいります。

【投資したお客さまの概要】

企業名 株式会社福島ガイナックス
代表者 代表取締役 浅尾 芳宣(福島市出身)
本社所在地 福島県田村郡三春町大字鷹巣字瀬山213番地
設立 平成26年11月4日
事業内容

・映像作品の企画、製作、販売

・資料館等の企画・運営

投資額 総額3千万円(社債引受)※尚、今回の投資額は1千万円となります。
企業の特徴

・アニメ映像作品やゲームソフト等の企画、制作、販売を行う株式会社ガイナックス(本社:東京都三鷹市、社長:山賀 博之)の100%子会社。

・事業拠点となるアニメ制作スタジオとアニメミュージアム「福島さくら遊学舎」は、廃校となった三春町の旧桜中学校舎を利活用したもの。

・アニメミュージアムは、アニメの制作工程を学ぶ施設としてのほか、アニメに関する常設展や企画展を開催し、新たな観光拠点としても展開する。

・平成27年2月に当行のCM制作について合意書を締結。

(注1):「とうほう・次世代創業支援ファンド」の概要

ファンド名称 とうほう・次世代創業支援ファンド
(通称:とうほう・アーリーステージサポートファンド)
根拠法 投資事業有限責任組合契約に関する法律
無限責任社員(GP)(注2) 山田ビジネスコンサルティング株式会社(注4)
有限責任社員(LP)(注3) 当行
出資総額 10億円(内当行:9.9億円、GP:0.1億円)
投資対象となるお客さま

県内外における当行の営業地域内で事業を営む創業期・成長期の未上場企業

1.成長分野関連企業、ベンチャー企業等

2.新たな事業展開を目指す企業等

3.地域の発展に欠かせない事業を営む企業等

投資手法 株式引受、社債引受
運営期間 10年間
投資期間(案件受付期間) 5年間
投資決定 GPが投資決定を行なう

(注2):GP(General Partner)は業務執行権(投資決定等)を有し、組合の債務について出資額を超えて弁済責任を負う

(注3):LP(Limited Partner)は組合の債務について出資額限度内で弁済責任を負う

(注4):山田コンサルティンググループ株式会社(ジャスダック上場:純粋持株会社)の傘下企業

とうほう・次世代創業支援ファンド

ニュースリリース

アクセスランキング