ニュースリリース

2015/03/17

ASEAN域内中堅企業向け投資ファンドへの出資について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、三菱商事株式会社(以下、三菱商事)、マレーシア最大手金融機関のCIMB グループ〈注〉(以下、CIMB)、株式会社日本政策投資銀行(以下、日本政策投資銀行)が組成する、ASEAN域内の中堅企業に投資を行う投資ファンドAIGF(ASEAN Industrial Growth Fund)に対して出資を決定いたしましたのでお知らせいたします。

 AIGFは、安定的な経済成長・人口増加が見込まれるASEAN地域において、資金ニーズを有する地場優良企業に対し、成長の活力となる資金提供を行います。重点投資地域は、インドネシア、マレーシア、シンガポール、及びベトナムとし、単なる資金提供に留まらず、三菱商事グループ・CIMB・日本政策投資銀行が有する事業ネットワークや顧客基盤、投資業務の経験を融合することで、持続的な地場企業の事業価値向上を図ります。

 当行は、本ファンドへの出資を通じ、海外最新情報の提供はもとより、現地企業とのビジネスマッチングや資本提携等を積極的に支援することで、お客さまのASEANにおける事業拡大に貢献いたします。

 今後も当行は、国際業務に関する更なるノウハウの蓄積を図り、多様な金融手法を活用して、お客さまの幅広いニーズに対応してまいります。

〈注〉CIMBグループは、マレーシアをグループ本社として、総合金融・イスラム金融・資産管理等幅広い金融サービスを提供する、ASEAN域内最大規模の銀行グループです。

以上

【AIGF概要】 【投資手法概略】
ファンド名 AIGF LP
設立年月 2015年2月19日
投資戦略 ASEAN域内の中堅企業に対する成長資金投資等
当初運用残高 130百万米ドル
投資家 国内外大手機関投資家・事業法人等
投資手法概略

ニュースリリース

アクセスランキング