ニュースリリース

2014/12/01

「ふくしま復興・成長支援ファンド」の組成について

 株式会社東邦銀行(頭取:北村 清士)は、株式会社地域経済活性化支援機構(社長:瀬谷 俊雄、以下「REVIC」という)および株式会社日本政策投資銀行(社長:橋本 徹、以下「DBJ」という)と「ふくしま復興・成長支援ファンド」を組成いたしますのでお知らせいたします。

 本ファンドは、震災からの復興・成長に資する事業を行う企業(他地域からの進出企業や新設企業も含む)に対して、劣後ローンや優先株等、資本性資金を活用した成長マネーをご提供することで、全国のモデルとなる先進的な取り組みを促進するものです。

 当行は、今後も地域金融機関としてお客さまと地域の復興・成長支援に取り組んでまいります。

【ファンドの概要】

(1)名称: ふくしま復興・成長支援ファンド投資事業有限責任組合
(愛称:ふくしま復興・成長支援ファンド)
(2)設立予定日: 平成26年12月8日
(3)ファンド規模: 当初50億円
(ただし組合員の同意の下に100億円まで増額可能)
(4)出資者:

無限責任組合員(GP)(株)東北復興パートナーズ

有限責任組合員(LP)当行、DBJ、REVIC

(5)期間: 投資期間5年、存続期間7年4ヶ月(但し、必要があれば、投資期間で2年以内、存続期間で1年以内の延長を行うこともあります)

【運営会社(株式会社東北復興パートナーズ)の概要】

(1)資本金: 1百万円
(2)株主: DBJ(100%)
(3)本社所在地: 宮城県仙台市
(4)代表取締役: 恩田 恭良(DBJ東北支店)

【本件のスキーム図】

本件のスキーム図

ニュースリリース

アクセスランキング