ニュースリリース

2014/10/24

「いいたてまでいな太陽光発電株式会社」に対するシンジケートローンの組成ならびに融資実行について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、東光電気工事株式会社及び、福島県飯舘村が共同出資した「いいたてまでいな太陽光発電株式会社(代表取締役 青木 宏明)」向けに、アレンジャー(主幹事)としてシンジケートローン(協調融資)を組成し、初回融資金として193百万円の融資を実行いたしましたのでお知らせします。

 ご融資金は、太陽光発電事業に充てられ、売電収入の一部は飯舘村の復興事業等に活用されます。

 当行では、福島県内の再生可能エネルギーを中心とした環境分野の支援に積極的に取組んでおります。今後もお客さまからのご相談に積極的にお応えし、地域活性化に向けて全力で取組んでまいります。

1.プロジェクト概要

プロジェクト いいたてまでいな太陽光発電事業
事業主体 いいたてまでいな太陽光発電株式会社(代表取締役 青木 宏明)
出資者 東光電気工事株式会社、福島県飯舘村
事業内容 太陽光発電事業
事業地 福島県相馬郡飯舘村飯樋字花塚山
事業面積 約14ha
発電規模 約10MW
売電先 東北電力
発電開始 平成28年4月(予定)

2.融資概要

融資契約締結日 平成26年9月19日
組成金額 4,070百万円
アレンジャー(主幹事) 東邦銀行
参加金融機関 東邦銀行、七十七銀行、大東銀行、福島銀行

以上

ニュースリリース

アクセスランキング