ニュースリリース

2014/10/17

包括連携協定に基づく喜多方市職員向け「小水力発電事業勉強会」の開催について

 喜多方市と株式会社東邦銀行(頭取 北村清士)は、平成26年7月8日に締結した包括連携協定に基づき、下記の内容で「小水力発電事業勉強会」を開催しましたのでお知らせいたします。

 当行行員が講師となり、市職員向けに「小水力発電事業」をテーマとした勉強会を開催するのは、今回が初めてとなります。

 当行は、福島県内14の自治体と連携協定を締結しており、これまで「PPP/PFI」や「債券運用」、「接遇」などをテーマとした勉強会を開催しているほか、定住促進支援などの住宅ローン特別金利の創設、地域産品の販路拡大のための商談会での連携など、幅広い分野でさまざまな連携施策を進めております。

 当行としましては「すべてを地域のために」というコーポレートメッセージの下、今後も自治体との連携協定に基づく施策の展開を進め、地域に貢献してまいりたいと考えております。

【目的】

 喜多方市の豊富な水資源を活用した小水力発電事業の具現化に向け、同事業特有の課題等について学ぶ。

【内容】

テーマ 「小水力発電事業のポイント」
日時 平成26年9月25日(木) 10:00~11:30
場所 東邦銀行 喜多方支店内
講師 東邦銀行法人営業部 営業渉外課長 三瓶洋一
対象者 喜多方市職員、雄国山麓土地改良区職員

以上

ニュースリリース

アクセスランキング