ニュースリリース

2014/10/08

産総研との協働事業プロジェクト「アクションJAT」の開始について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、このたび常陽銀行(頭取 寺門 一義)及び独立行政法人産業技術総合研究所(理事長 中鉢 良治)と連携し、協働事業プロジェクト「アクションJAT」を開始いたします。あわせて、参加企業を募集しますので、下記のとおりお知らせいたします。

 本プロジェクトは、産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所(以下、産総研)が求める技術ニーズ(資機材の製造委託、共同研究・開発ニーズ)を公開し、企業が有する技術等とのマッチングを図ることで、地元企業のビジネス機会、及び産学連携機会の創出を支援するものです。

 当行は、今後とも、地域のものづくり企業の競争力強化、新たな企業価値の創出に向けたさまざまな支援を実施してまいります。

名称 協働事業プロジェクト「アクションJAT」(※)

※産業技術総合研究所(略称AIST)の略称名「A」を中心に、当行(TOHO)及び常陽銀行(JOYO)が連携したプロジェクトであることから、協働事業プロジェクト「アクションJAT(ジャット)」といたしました。

日時 平成26年11月5日(水)13:00~16:30
場所 郡山ビューホテル (福島県郡山市中町3-1)
概要 【オリエンテーション/平成26年11月5日(水)】

・産総研によるニーズ説明会を開催いたします。具体的には、「再生可能エネルギーネットワーク開発・実証」「水素キャリア製造・利用」「高効率風車、アセスメント技術」「地熱・地中熱のポテンシャル評価、適正利用」の4つの分野において、産総研が求める技術ニーズについてご説明いたします。

【個別マッチング会/平成27年2月26日(木)】

・参加企業から提出された技術提案に対し、産総研が一次選考を行った上で、個別に面談を実施いたします。

・面談後、産総研との連携が可能な案件については、共同研究・開発に取組みます。当行は、資金面の支援や産学官金連携等により共同研究・開発を支援するとともに、再生可能エネルギーを事業領域とする企業との連携等により、将来的な事業化も視野に入れたサポートを行います。

主催 株式会社東邦銀行、株式会社常陽銀行、独立行政法人産業技術総合研究所
後援 福島県、郡山市、経済産業省関東経済産業局、経済産業省東北経済産業局、一般財団法人とうほう地域総合研究所、株式会社常陽産業研究所
参加対象者 再生可能エネルギー分野において産総研との連携を希望する事業者
お申込方法 オリエンテーションエントリーシートのご提出
当行本支店またはFAXにて受付いたします。
参加費 無料

ニュースリリース

アクセスランキング