ニュースリリース

2014/10/01

保険商品の取扱追加(終身保険(一時払、平準払)、医療保険、がん保険)について

 東邦銀行(頭取 北村清士)は、多様化しているお客さまのニーズにお応えするために、平成26年10月1日より、下記の生命保険6商品につき、取り扱いを開始しますので、ご案内いたします。

 東邦銀行では、今後ともお客さまのニーズにお応えできる商品やサービスの提供に努めて参ります。

  1. 取扱追加商品
    保険種類商品名引受保険会社
    一時払
    終身保険
    ロングドリームプラス
    [ニッセイ積立利率変動型一時払終身保険(米ドル建)]
    日本生命保険相互会社
    平準払
    終身保険

    一生のお守り
    [無配当 低解約返戻金型終身保険]

    ※1

    損保ジャパン日本興亜
    ひまわり生命保険株式会社
    医療保険

    新・健康のお守り
    [医療保険(2014)B型・手術Ⅰ型]

    ※1

    損保ジャパン日本興亜
    ひまわり生命保険株式会社
    OKメディカル
    [限定告知型終身医療保険(無解約払戻金型)]
    アクサ生命保険株式会社
    ずっとメディカル
    [入院保障保険(終身型 09)<60日型>]
    アクサ生命保険株式会社
    がん保険

    GuardX(ガードエックス)
    [終身ガン治療保険]

    ※1

    メットライフ生命保険株式会社

    ※1 これらの商品については、当行の「ほけんの相談窓口」(本店営業部、八山田支店、いわき営業部の3営業店に設置)に限り、取扱いをしていましたが、今回、全店での取扱に変更いたします。

  2. 取扱店舗

    全店(但し、ローンプラザ福島支店、ローンプラザ須賀川支店、ローンプラザ会津支店、インターネット支店の各店を除きます。)

  3. 取扱い追加の目的

    (1)分散投資先の一つとして、「米ドル建」の商品ラインナップを拡充します。

    (2)平準払(月払・半年払・年払)の商品ラインナップを拡充します。

    (3)健康状態に不安のあるお客さまの保障ニーズ、現在のがん治療の実態に合わせた保障ニーズ等、お客さまのニーズに合致した補償性商品のラインナップを拡充します。

  4. 商品の主な特徴、概要(抜粋)
  5. ご契約の際の留意事項

    ○法令等の規制により、お客さまのお勤め先や融資のお申込み状況等によっては、お申込みいただけない場合があります。

    ○これらの商品は各保険会社を引受保険会社とする生命保険商品です。預金とは異なり、払込保険料の元本保証はありません。また預金保険制度の対象とはなりません。

    ○一部の保険商品については運用による損益が発生し、その損益は保険商品をご購入されたお客さまに帰属します。

    ○一部の保険商品についてはご契約締結の際、あるいは保険期間中、また特定の条件下で発生する諸費用をお客さまにご負担いただく場合がございます。ご負担の有無やご負担いただく額・時期につきましては保険商品ごとに異なりますので、詳細につきましては「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」「商品パンフレット」「ご契約のしおり・約款」を必ずご確認ください。

    ○ご提案する保険商品は、各保険会社を引受保険会社とする保険です。当行は、保険契約の募集の媒介を行うもので保険契約は各保険会社が承諾したときに成立します。

    ○ご契約にあたっては、「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」「商品パンフレット」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

    ○引受生命保険会社が破綻した場合には、生命保険契約者保護機構により保護の措置が図られますが、ご契約時にお約束した死亡保険金額・解約返戻金等が削減されることがあります。

    ○保険商品のお申込みの有無が、当行とお客さまとのその他のお取引に影響を及ぼすことは一切ありません。

    ○告知していただいた健康状態等が事実と異なっていた場合などは給付金等をお支払いできない場合がございます。詳細につきましては「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」「商品パンフレット」「ご契約のしおり・約款」を必ずご確認ください。

    ○ご加入の検討にあたっては、販売資格を持つ保険募集人にご相談ください。詳しくは当行の取扱店窓口までお問い合わせください。

<募集代理店・
お問い合わせ先>

募集代理店   : 株式会社東邦銀行
共同募集代理店 : 福島商事株式会社
お問い合わせ先 : 生命保険フリーダイヤル

0120-104906

(受付時間 平日午前9時~午後5時)

以上

ニュースリリース

アクセスランキング