ニュースリリース

2014/08/04

70歳までの雇用拡大について

 株式会社東邦銀行( 頭取 北村 清士 )では、多様な人材の活躍・活用を目的として、働く意欲のある60歳以降の従業員がその豊富な知識と経験を活かし、70歳まで継続して勤務できる環境を整備しましたので、下記の通りお知らせいたします。

  1. 趣旨

    (1)当行では平成25年4月1日からの「改正高年齢者雇用安定法」施行に伴い「業務主任嘱託制度」を創設し、満65歳まで業務主任嘱託として継続勤務できる環境を整備いたしました。

    (2)今後、少子高齢化が急速に進む環境の中で、より高い専門性・ノウハウを有する労働力の確保は必須であり、やりがいや働きがいを感じる職場の提供を更に行っていくものです。

  2. 内容

    (1)満60歳以降の従業員については原則「業務主任嘱託」として満65歳まで継続雇用します。

    (2)そのなかでも、これまでのキャリア・適性、本人の意向等を確認し、原則満65歳まで行員として再雇用し、支店長等の役職で勤務できる環境も整備しました。

    (3)また「シニアサポーター」を創設し、満65歳以降、原則満70歳まで「パートナー(※)」として勤務できる環境を整備しました。
     ※当行では、パートタイム勤務者を「パートナー」と呼んでいます。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング