ニュースリリース

2014/06/23

西郷村における太陽光発電事業向けファイナンス組成について

 株式会社東邦銀行(頭取:北村 清士)及び株式会社三井住友銀行(頭取: 國部 毅)は、株式会社FMS様が西郷村で実施する太陽光発電事業に対して、総額約65億円のシンジケートローン(協調融資)を平成26年6月20日に組成しました。

 本事業は、株式会社グリーンウッドカントリークラブ様が100%出資する株式会社FMS様が事業主体となって開発中の、平成23年3月11日の東日本大震災で被災し閉鎖したゴルフ場の跡地、約17.3万㎡を有効活用した設備容量約19.3MWの大規模太陽光発電事業で、本件ファイナンスは震災復興支援に資する取組です。

 シンジケートローンは、株式会社三井住友銀行がアレンジャー兼エージェント、当行がコ・アレンジャーを務め、メザニンローン(注)は三井住友ファイナンス&リース株式会社が供与します。

 当行は、引き続き震災復興支援や再生可能エネルギーの普及に向けた取組みを通じて、地域活性化へ積極的に貢献してまいります。

【事業の概要】

事業者 株式会社グリーンウッドカントリークラブが100%出資する株式会社FMS
本社所在地・事業地 福島県西白河郡西郷村
土地面積 約17.3万m²
設備容量 約19.3MW
総事業費 約70億円
売電開始予定日 2015年11月

 (注)メザニンローンとは「融資」と「出資」の中間に位置する融資方法を言う。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング