ニュースリリース

2014/05/27

「隂山建設株式会社」様 発行の東邦・復興支援私募債の受託について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)では、平成26年5月26日(月)に隂山建設株式会社様が発行する「東邦・復興支援私募債」を下記のとおり受託いたしましたのでお知らせいたします。

 「東邦・復興支援私募債」は、純資産額や自己資本比率などの一定基準を満たしたうえで、地域復興や再建に向けて顕著に取組んでいる企業が発行対象となります。なお、私募債の元利金支払は銀行が全額保証します。

 当行は地域復興や再建への取組みを行っている企業を積極的に支援しており、今後も引き続き私募債の受託を積極的に推進し、地元企業の発展に貢献してまいります。

発行企業名 隂山建設株式会社
代表者 代表取締役 隂山 正弘
所在地 郡山市石渕町1番9号
事業内容 建設業
発行額 2億円
期間 3年
償還方法 満期一括償還
資金使途 再生可能エネルギー事業(太陽光発電施設)資金
企業の特徴

・隂山建設株式会社様は、昭和36年創業の総合建設業者です。

・当社は、震災後「隂山建設3.11災害プロジェクト」を発足。施主の安全を最優先する為に組織体制の強化、物的資源の整備などの協定を独自に考案しました。

・災害発生時には、連携する企業との間でスタッフや資源などを融通し、迅速に復旧対応する等、県内の復興に大きく繋がる事業を行い、従業員一丸となり取組んでおります。

・また、再生可能エネルギーの普及にも積極的に取組んでおり、官・民の太陽光発電施設の施工実績を重ね、自社においても保有・管理する太陽光発電の発電量は1メガワットに達しております。

・再生可能エネルギー活用を広くアピールしながら、売電収入の一部を復興事業に寄付しております。

・CSRの一環として毎年夏に「愛の献血運動」を開催。昭和59年から30年間継続しており、献血人数は累計で3万名を超える等、社会に大きく貢献しております。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング