ニュースリリース

2014/04/14

「ふくしまデスティネーションキャンペーン」 プレDC に連動した観光・県産品PRイベント『こらんしょ福島 魅力満載フェア』の開催報告

  東邦銀行(頭取 北村 清士)は、ふくしま観光復興キャンペーン委員会(会長 佐藤 雄平)が実施する大型観光キャンペーン「ふくしまデスティネーションキャンペーン 」プレDCの開始にあわせ、福島県の観光・県産品をPRするイベント『こらんしょ福島 魅力満載フェア』をJR仙台駅構内で下記のとおり開催いたしましたのでご報告いたします。

 弊行では、福島県の観光と県産品の振興等について、福島県と包括連携協定(注1)を締結しており、本イベントの開催を通じて本県の魅力を発信いたしました。

 引き続き、福島県の魅力を積極的に発信し地域活性化に貢献してまいります。

(注1) 包括連携協定とは、平成24年12月19日に弊行と福島県が締結した「復興支援」や「産業振興」等10項目からなる協定を言います。

<福島県の観光・県産品PRイベント開催概要>

開催目的 福島県内からの出展者が福島県産品を販売するとともに、観光映像の放映やパンフレットの配布等を通じ福島県産品の振興と観光PRを図る。
名称 こらんしょ福島 魅力満載フェア
開催日程 平成26年4月2日(水)~4月9日(水) 8日間
開催場所 JR仙台駅2階ステンドグラス前(中央改札前広場)
主催 東邦銀行
協力 福島県
出展者数 18社・団体
販売品目 食品
 銘菓、喜多方ラーメン、いか人参 等の郷土料理 他
酒類
 日本酒、リキュール 他
 全国新酒鑑評会 金賞最多受賞を誇る本県の地酒をPR
伝統工芸品
 会津塗(国の伝統工芸品指定)
その他特産品
 ニット製品
販売総額 約11,000千円 (販売客数 約12,000人)
観光PR
  • 観光映像の放映、観光パンフレット配布を行った他、福島県のマスコットキャラクター「キビタン」や観光PR部隊「福が満開ふくしま隊」も登場し会場を盛り上げました。
開催により
見込まれる効果
  • 観光客数の増加
  • 福島県産品の消費拡大
※外国人が興味深く商品を手に取る姿も多く見受けられた。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング