ニュースリリース

2014/04/02

「成長基盤支援ファンド」のファンド額増額ならびに取扱期間の延長について

 東邦銀行(頭取 北村清士)は、地域経済の活性化へ貢献し、地域とともに成長していくため、中小企業のお客さまへの資金供給、経営課題提案型営業等に積極的に取組んでおります。

 自動車・医療・電子部品など成長分野に対する従前からの取組みを更に強化するため、日本銀行の「成長基盤強化を支援するための資金供給制度(注)」を活用したファンド「成長基盤支援ファンド」を平成22年9月から取扱い開始しております。

 今般、日本銀行が同制度により供給する金融機関への貸付残高を7兆円に倍増し、貸付受付期限を平成27年3月31日まで1年間延長することを決定しました。当行では、制度変更の趣旨に合わせ、「成長基盤支援ファンド」を変更することとしました。

 当行は、機動的かつ柔軟な対応により金融面での支援を積極的に行い、今後も商品・サービスの充実に取組み、地域のお客さまの様々なニーズにお応えできる銀行を目指して参ります。

  1. 対象ファンド

    「成長基盤支援ファンド」

  2. 変更内容

    (1)ファンド枠を「200億円」から増額し、「400億円」とします。

    (2)取扱期限を「平成26年3月31日」から「平成27年3月31日」まで延長します。

    (注) 日本銀行が、民間金融機関による成長基盤強化を支援するため、金融機関の投融資の取組み実績に応じて、資金供給を行う制度
  3. ファンドの概要
    ファンド総額 400億円
    取扱期間 平成22年9月24日 ~ 平成27年3月31日
    ご融資対象者 以下のいずれかに該当する法人または個人事業主のお客さま
     (1)医療・介護関連事業
     (2)環境関連事業
     (3)自動車関連事業
     (4)農林水産業および農商工連携に関連する事業
     (5)観光・地域開発関連事業
     (6)保育・育児関連事業
    お使いみち 以下に関連する運転資金または設備資金
     (1)医療・介護事業
     (2)高齢者向け事業
     (3)環境エネルギー事業
     (4)研究開発
     (5)農林水産業
     (6)起業
     (7)観光・地域開発事業
     (8)事業再編
     (9)雇用支援・人材育成事業
    (10)保育・育児事業
    (11)アジア諸国等における科学・技術研究
    (12)大学・研究機関における科学・技術研究
    (13)社会インフラ整備・高度化
    (14)資源確保・開発事業
    (15)コンテンツ・クリエイティブ事業
    (16)地域再生・都市再生事業
    (17)住宅ストック化支援事業
    (18)防災対策事業
    融資形態 証書貸付
    融資金額 1,000万円以上
    融資利率 当行所定の利率(変動金利・固定金利)となりますが、日銀の資金供給制度の趣旨に則り、弾力的に対応をいたします
    融資期間 変動金利:15年以内
    固定金利: 7年以内
    ご返済方法 元金均等返済
    担保・保証人 個別案件ごとに、ご相談させていただきます。

    ご融資の他、環境および雇用に関する銀行保証付私募債(「東邦・環境私募債」「東邦・雇用創出応援私募債」)も本ファンドの対象としております。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング