ニュースリリース

2013/12/09

福島第一原発事故により被災されたお客さまへの取り組みについて

 株式会社東邦銀行(頭取 北村清士)では、福島第一原発事故(以下「原発事故」という。)によって被災されたお客さまの生活再建に向けた住宅取得の支援につきましては引き続き積極的に対応してまいります。

 弊行は、ふるさと福島の復興を積極的に支援するため、今後ともお客さまのニーズにお応えできる商品やサービスの提供に努めるとともに、お客さまの実状にあわせた柔軟な対応を行ってまいります。

 

<原発事故により被災されたお客さまに向けた住宅ローンの取組み>

1.新たに居住用のお住まいを新築・購入する方に対しまして、全期間応援コースにおける適用金利を基準金利から1.4%を差し引いた金利にて対応させていただきます。

2.自己所有のお住まいがある方で、新たに居住用のお住まいを新築・購入する「お住替え」や、避難された地域にて住宅を再建される場合のご相談も対応できます。

3.ご親族の方がお住まいになる住宅の新築・購入につきましてもご利用いただけます。

4.借地上に住宅を新たに取得する場合にも、必要資金の100%以内(諸費用とりまとめ資金を含みます)までご利用いただけます。

5.住宅の新築・購入等により住宅ローンを新規でお借入れしていただく場合には、最長1年間の元金返済据置もご選択いただけます。

 

  1. 1.新たに居住用のお住まいを新築・購入する方への引下げ金利の取扱い

     弊行では、原発事故で避難されていたお客さまに対し、復興支援の一助として、住宅ローンの適用金利(全期間応援コース)をお借入期間の全期間を基準金利から1.4%を差し引いた金利にて対応させていただきます。

  2. 2.お住替え・住宅再建についての対応

     弊行の住宅ローンは自己所有のお住まいがあるお客さまで、新たに居住用のお住まいを新築・購入する「お住替え」資金にも対応できます。また、被災されたお客さまが、避難された地域にて住宅を建築される場合に、既存の住宅ローン残金と住宅の再建に必要となる建築資金を合わせた、おとりまとめ(注1)をご利用いただくことも可能です。毎月の返済額を抑えることにより出費の負担軽減につながります。

     (注1)既存住宅ローンの借入先が他の金融機関の場合もご利用いただけます。

  3. 3.ご親族の方がお住まいになる住宅の新築・購入についての対応

     被災により避難されたご親族の方(注2)がお住まいになる住宅の新築・購入についてもご相談いただけます。

    (注2)親族とは、申込人さまの配偶者および親兄弟(姉妹)、配偶者の親兄弟(姉妹)の方とし、同居は条件といたしません。

  4. 4.借地上に住宅を新たに取得する場合の取扱い

     借地上に住宅を新築する場合の資金にもご利用いただけます。融資限度額としては必要資金の100%以内(諸費用とりまとめ資金を含みます)。借地の土地の所有者への条件は定めておりません(自治体からの土地の賃借での取扱いも可能です)。

  5. 5.住宅ローンのお借入当初の元金返済据置の取扱い

     復興住宅需要により、建築資材不足等による住宅建築期間の長期化に対応すべく、住宅の新築・購入等により住宅ローンを新規でお借入れしていただく場合には、借入当初から最長1年間の元金返済据置もご選択いただけます。

  6. 6.被災されたお客さまのご相談専用窓口・専用ダイヤルについて

     被災されたお客さまのご相談については、弊行の各支店窓口にて承ります。また、臨時休業店舗6ヵ店(小高、浪江、富岡、双葉、楢葉、大熊支店)でお取引いただいておりますお客さまのご相談については、浪江、小高、双葉支店:024-541-2330富岡、楢葉、大熊支店:024-541-2366でも承ります。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング