ニュースリリース

2013/02/07

インドステイト銀行との業務提携について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、お客さまの海外取引を支援するため、株式会社国際協力銀行(略称:JBIC 総裁 奥田 碩おくだ ひろし)とインドの国営商業銀行インドステイト銀行(略称:SBI)とが締結した「日本の地域金融機関を通じた中堅・中小企業のインドへの進出支援体制の整備に係る覚書」に参加し、SBIと提携関係を構築しましたのでお知らせいたします。

 今般の提携により、SBIの日系企業担当窓口(ジャパンデスク)やインド国内の拠点網を活用しながら、お客さまのインド進出を支援してまいります。

 当行は、福島県のリーディングバンクとして、今後もお客さまのさまざまなニーズにお応えできる銀行を目指してまいります。

  1. インドステイト銀行の概要  (2013年1月25日現在 1インドルピー=1.68円換算)
    銀行名 インドステイト銀行 
    State Bank of India (略称:SBI)
    本店所在地 インド ムンバイ
    設立 1806年
    店舗数 (インド国内)15,000店舗以上 (インド国外)世界34カ国に173拠点
    総資産 13,355,192百万インドルピー(約22兆円)
    業界地位 総資産ベースでインド国内第1位
    顧客基盤 1億1千万以上(法人+個人顧客)
    業種 商業銀行(インド政府が61.58%の株を保有するインド国内最大の国営商業銀行)
  2. 協力内容

    (1)SBIによるインドの経済・投資環境情報の提供

    (2)JBIC主催・SBIの協力によるインド投資環境セミナーのご案内

    (3)当行お客さまのSBIへの紹介(口座開設・個別相談等への対応)等

以上

【ご参考】

海外事業支援に係る連携・業務提携先

ニュースリリース

アクセスランキング