ニュースリリース

2012/10/30

東邦・復興支援私募債の取扱いについて(株式会社 松屋)

 東邦銀行(頭取 北村 清士)では、平成24年10月25日(木)に株式会社松屋様が発行する「東邦・復興支援私募債」を下記のとおり受託いたしましたのでお知らせいたします。

 株式会社松屋様は、南東北を中心に「ミスタードーナツ」を30店舗出店するなど、1都8県に飲食店を展開。また、創業50周年事業として建設した福島市飯坂町の本社には「福島片岡鶴太郎美術庭園」を併設しており、地域の文化振興にも積極的に取組を行っている企業です。

 東日本大震災において地震、津波により同社の沿岸部店舗が被災しましたが、迅速な対応により早期復旧し、雇用の確保に尽力しております。

 今年度は日本サブウェイとフランチャイズ契約を締結し、平成24年12月にイオンタウン郡山にて福島県初となる「SUBWAY」(サンドイッチ専門店)の出店を予定するなど、独自の店舗開発ノウハウにより、フランチャイズ事業の拡大を進めております。

 今回調達した資金については新規出店に活用されます。

 当行は地域復興や再建への取組を行っている企業を積極的に支援しており、私募債の金利引下げなどの対応をしております。今後も引き続き私募債の受託を積極的に推進し、地元企業の発展に貢献してまいります。

発行企業 金額 期間 償還方法 資金使途
株式会社 松屋
代表取締役社長 石森 慎司
(本社:福島市、飲食業)
1億円 3年間 満期一括償還 運転・設備資金

ニュースリリース

アクセスランキング